プロフィール

maki

Author:maki
静寂の中に存在する
「優雅なモノ」
それは同時に強い力を深い奥底に秘めています。
そんな力強さを内包した作品を、古代ガラス技法(パート・ド・ヴェール)と異素材を組み合わせながら制作しています。

★高橋まき子のHP
(STUDIO BAU GLASS
スタジオ・バウグラス)は下記のリンクからどうぞ♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

新・パート・ド・ヴェール屋 
ガラス作家 高橋まき子の作品展情報・近況報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年を振り返る①

2016年も大変お世話になりましたm(_ _)m

展覧会にご来場くださいましたお客様、
ギャラリー関係者の方々、そしてこのブログを
読んでくださっている皆様に感謝申し上げます。

2016年の春、今年の個展のイメージは
次のようなものにしよう、と計画していました。

「音も光も届かない深海世界で
直感をたよりに静かに泳ぎ続ける優雅な存在。

たおやかに深海を舞うその姿は
女性的な儚さと同時に男性的な力強さを合わせもつ。」


便利な時代の中で、何が自分にとって本当に
必要なものなのか…「あたりまえの便利さ」に
慣れてしまっていた自分に疑問を感じていた2015年。

2016年は春から 使用し続けていたフェイスブックや
ツイッターなどを一旦、全てやめてみました。
これが自分自身にどのような変化をもたらすのか
知ってみたいと思ったからです。

SNSでの繋がりをやめる事で
気軽に人と繋がる事は減少し、
知人の近況や情報もほとんど入ってこなくなる。
…これが、自分にとって良いことなのか悪い事なのか。

それを見極めたくて2016年はSNSをやめてみたのです。

その状況を「深海」という音も光も届かない世界で生きる
幻想生物と重ね合わせ、表現してみたいと考えたのです。

結果としては…
SNSは本人次第でプラスにもマイナスにも
働くものであるということ。
私にとってはプラスの要素もあったけれど、
マイナス要素のほうが上回っていたんだと思います。
(なので、今後もSNSを肯定も否定もする気もないです)

一方、「ネット」を通して作品とお客様が
繋がる良い機会ができた年でもありました。
唯一、ブログは発信し続けてきて良かったと感じています(^-^)

そのエピソードは→2016年振り返る②へ




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://makiedaworld.blog.fc2.com/tb.php/316-3d641d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。