プロフィール

maki

Author:maki
静寂の中に存在する
「優雅なモノ」
それは同時に強い力を深い奥底に秘めています。
そんな力強さを内包した作品を、古代ガラス技法(パート・ド・ヴェール)と異素材を組み合わせながら制作しています。

★高橋まき子のHP
(STUDIO BAU GLASS
スタジオ・バウグラス)は下記のリンクからどうぞ♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

新・パート・ド・ヴェール屋 
ガラス作家 高橋まき子の作品展情報・近況報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「辰」の語源

干支の「辰」=「龍」

そう、当たり前のように思っていたんだけれど
語源を調べると意外な意味が・・・

「辰」の本来の読みは「しん」で、原字は「蜃」。
二枚貝(はまぐり?)が弾力性のあるヒダを
ビラビラと動かしているさまを表しているそうな・・・
また、ゆらゆらと動くという「振」「震」という意味をもつらしい。
「漢書 律歴志」によると・・「動いて伸びる」「整う」という意味で、
植物がすくすくと育つ生命力とか、その状態を表しているようです。

この「辰」を「龍(竜)」としたのは、無学な庶民に
十二支を浸透させるために動物の名前を当てはめたそうです。

(語源由来辞典より)
 
・・・知らなかった。
辰年生まれの私としては衝撃的な事実だったなぁ~(笑)

いま制作している作品が
「龍(ドラゴン)」+「ヒダヒダや貝のような装飾」+
「流れるような植物的な模様」をイメージして制作しているというのは
ひょっとしたら偶然ではないのかもしれません・・!?







スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。