プロフィール

maki

Author:maki
静寂の中に存在する
「優雅なモノ」
それは同時に強い力を深い奥底に秘めています。
そんな力強さを内包した作品を、古代ガラス技法(パート・ド・ヴェール)と異素材を組み合わせながら制作しています。

★高橋まき子のHP
(STUDIO BAU GLASS
スタジオ・バウグラス)は下記のリンクからどうぞ♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

新・パート・ド・ヴェール屋 
ガラス作家 高橋まき子の作品展情報・近況報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠る幻想生物

20170507222717d25.jpg

6月の展覧会用の幻想生物(粘土原型)

20170507222719849.jpg
淡く優しい色彩のガラスに仕上がりました!


現在制作している幻想生物。
「クラスタ・スリーパー」


ゾウムシのようにのほほんとした、おっとり顔。
1日の大半は眠っていて、現実を生きているのか
夢の世界で生きているのか…不明だ。

動きはナマケモノ顔負けの、超スロー歩行。
おそろしくシャイだったりもする。
他に生き物が接近してくると…

顔も足もキュルンとひっこめて
鉱物のようなカタマリへと変貌。
そのまま長期睡眠へと移行することも
めずらしくはない。
(現実と並行して人生を歩んでいるのだろうか…)

そのため、顔や足が伸びている状態というのは
かなりレアなショットなのだ。

これは小型カメラでそっと近づいて撮影。
… (嘘です)

それから、鉱物化した状態のクラスタスリーパーも制作しています。
(フタモノ作品として仕上がる予定)

これらは6月の名古屋の展示で見ることができます。
どうぞお楽しみに。。


光の在り処 part3

6月24日(土)ー7月5日(水)

加藤千佳、高橋まき子、福西毅、松尾一朝


悠遊舎/you-yuusya

〒448-0804 愛知県刈谷市半城土町大湫99-3
99-3, Ogute, Hajodo, Kariya, Aichi, JAPAN
TEL&FAX:0566-61-0321
悠々舎HP

20170526011059a13.jpg
201705260103514cd.jpg
(クリックして拡大)



スポンサーサイト
展覧会情報
ご無沙汰しています
久々の更新です…

実は年末よりじわじわと体調を崩し
悪循環が重なり入院するなど
色々ありましたが、現在は体調も回復し、
展示に向けて急ピッチで制作しております。

改めて体調管理の甘さを反省。
今年こそは計画的に余裕をもって!
土壇場で徹夜ざんまいにならないようするぞっ。
(毎回言っているような気もしますが…(-。-;)

遅くなりましたが、、
今後の展覧会情報をお知らせします。
あらたに可愛い(?)幻想生物たちが春の息吹きと
ともにちょこちょこと生まれてきています♪

どうぞお楽しみに〜☆


****************************************************************************************

光の在り処 part3

6月24日(土)ー7月5日(水)

加藤千佳、高橋まき子、福西毅、松尾一朝



悠遊舎/you-yuusya

〒448-0804 愛知県刈谷市半城土町大湫99-3
99-3, Ogute, Hajodo, Kariya, Aichi, JAPAN
TEL&FAX:0566-61-0321
悠々舎HP

20170526011059a13.jpg
201705260103514cd.jpg
(クリックして拡大)



****************************************************************************************


高橋まき子展Ⅴ 「パート・ド・ヴェールの世界」

10月31日(火)ー11月26(日)

アートン アートギャラリー

〒604-8183
京都市中京区三条高倉 京都府京都文化博物館別館
Tel / Fax : (075)211-3288
E-mail : info@arton-kyoto.com
アートン アートギャラリー HP


****************************************************************************************

新年あけましておめでとうございます!

☆…2017年も皆さまにとって素晴らしい1年となりますように…☆



…本年もどうぞよろしくお願いいたします‼︎
2016年を振り返る②

今年はSNSという便利なツールから
思いきって距離を置いてみた1年でした。

ですが。それとは裏腹に、今年はネットのおかげで
作品とお客様が繋がる年でもありました。
その時のエピソードについて書いてみたいと思います。

今回の個展では、ネットがきっかけで東京からはるばる京都まで
作品を見に来てくださった女性がいらっしゃいました。
(私よりもずっとお若く可愛いらしい女性でした♡)

彼女は2年前、ネットで仕事の調べ物をしていた際に
たまたま私の幻想生物作品の画像を目にし、
そこからずっと作品に興味をもってくれていたようです。

その後、ブログの展覧会情報をチェックしながら
個展に行ける機会をずっと探していたとのこと。

そして2年後の2016年、タイミングが合い
新幹線で京都まで作品に会いにきてくださいました。
こちらとしてもこんなに嬉しい事はありませんでした。

20161231150414f49.jpg
「深海進化飛行」

当初は、この幻想生物に魅かれ 購入を検討してくださっていたのですが
作品ファイルをみて、後日こちらの作品を購入してくださいました↓

20161231150414a29.jpg
「風の化身」

ネットで最初に目にした幻想生物というのが
…まさにこちらの作品だったのです!
お客様も2年越しの実物作品との出会いに
大変喜んでくださり、こちらとしても作家冥利につきる思いでした。


最初に魅かれたという「深海進化飛行」も、
好奇心旺盛で活き活きとした素敵な女性のもとへと旅立ちました♪
お褒めの言葉もいただき、嬉しい気持ちでいっぱいです。
今後の制作する上で大きな励みとなりそうです。


さぼりがちではありましたが…(汗)
ずっとブログを続けてきてよかったと思っています。
今後も制作記録や情報発信を続けてまいりますので
2017年もどうぞよろしくお願いいたします☆


2016年を振り返る①

2016年も大変お世話になりましたm(_ _)m

展覧会にご来場くださいましたお客様、
ギャラリー関係者の方々、そしてこのブログを
読んでくださっている皆様に感謝申し上げます。

2016年の春、今年の個展のイメージは
次のようなものにしよう、と計画していました。

「音も光も届かない深海世界で
直感をたよりに静かに泳ぎ続ける優雅な存在。

たおやかに深海を舞うその姿は
女性的な儚さと同時に男性的な力強さを合わせもつ。」


便利な時代の中で、何が自分にとって本当に
必要なものなのか…「あたりまえの便利さ」に
慣れてしまっていた自分に疑問を感じていた2015年。

2016年は春から 使用し続けていたフェイスブックや
ツイッターなどを一旦、全てやめてみました。
これが自分自身にどのような変化をもたらすのか
知ってみたいと思ったからです。

SNSでの繋がりをやめる事で
気軽に人と繋がる事は減少し、
知人の近況や情報もほとんど入ってこなくなる。
…これが、自分にとって良いことなのか悪い事なのか。

それを見極めたくて2016年はSNSをやめてみたのです。

その状況を「深海」という音も光も届かない世界で生きる
幻想生物と重ね合わせ、表現してみたいと考えたのです。

結果としては…
SNSは本人次第でプラスにもマイナスにも
働くものであるということ。
私にとってはプラスの要素もあったけれど、
マイナス要素のほうが上回っていたんだと思います。
(なので、今後もSNSを肯定も否定もする気もないです)

一方、「ネット」を通して作品とお客様が
繋がる良い機会ができた年でもありました。
唯一、ブログは発信し続けてきて良かったと感じています(^-^)

そのエピソードは→2016年振り返る②へ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。